読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあちゃんのて

おばあちゃんの手って、ちいさいけど、分厚くてそれでいてやさしい。そんなおばあちゃんのてのようにやさしいけど、どっしり芯のある時間や居場所がつくれたら。 ラジオDJ たるかわみほ 調布FM あかねいろStation 毎週土曜日16:00〜18:00

Thanks★20160507

こんばんは。

5月7日もありがとうございました!

みなさんのお母さんの話が聴けていい時間でした。

8日、どんな母の日でしたか?お母さんにありがとう言えましたか?

 

番組の冒頭でお話した、アースデイin調布。

そこで出会ったしゅろ細工は、「棕櫚(しゅろ)」というヤシ科の木の葉の部分を使うものです。調布の森にもありますが、大きい葉は、地面まで太陽の光を届ける妨げになり、他の植物の成長を止めてしまうので、伐採されてしまうそう。

そんなしゅろをつかってカエルとかバッタとかエンゼルフィッシュをつくるおじさんのお話をしました。

「昔は、ゲームやおもちゃが少ないので、しゅろをつかって子供の頃から遊んでいたんだよ」と教えてくれました。

そのおじさんは、「バッタおじさん」といいます。(本名は聞きませんでした。。。)

調布だけではなく、渋谷の代々木公園のイベントでも子どもにしゅろ細工を教えているみたいなので、運が良ければ会えるかも!

 

おじさんだけでなくて、ボランティアで調布緑と水と関わる活動をされているおばさんたちもみんな優しかった!

その方からは、細長いどんぐり以外にまんまるのどんぐりがあることを教えてもらいました。それは、クヌギの木のどんぐりでスーパーボールみたいに少し大きいです。

こんな風に調布の自然に関わる方に出会えたいい土曜日でした。

 

では、また来週♪

 

樽川美穂